「都市政策」バックナンバーを見る
「都市政策」最新刊を見る
 

最新号紹介

第169号(平成29年10月1日号)

特    集
「熊本地震発災後の初動期・応急期における
神戸市の支援活動」にあたって

平成28年4月14日21時26分、熊本県熊本地方を震央とする、マグニチュード6.5の地震(前震)が発生し、熊本県益城町で阪神・淡路大震災と同規模である震度7を観測した。その28時間後の4月16日1時25分には、同じく熊本県熊本地方を震央とする、マグニチュード7.3の地震(本震)が発生し、西原村と益城町で震度7を観測した。

熊本地震発災後、被災地外の地方公共団体や防災関係機関をはじめ企業、ボランティア団体等により、様々な種類の応援が行われた。神戸市も、被災地支援に全力で取り組んできた。4月14日の前震発生後、直ちに広域応援準備体制を整え、情報収集を開始し、4月16日の本震後、熊本市等への先遣隊、緊急消防援助隊、DMAT、応急給水活動等に職員を派遣した。また、指定都市市長会からの要請を受けて、熊本市に、避難所運営・り災証明発行・建物被害認定調査の支援を行った。また、国等からの要請で、熊本市や益城町等に対して、保健衛生・廃棄物収集運搬・水道復旧・下水道復旧・被災建築物応急危険度判定・応急仮設住宅建設・特別支援学級支援等の支援を行った。

本号では、近い将来に発生が予想される南海トラフ地震等の広域大規模災害へ備えるため、熊本地震発災後の初動期・応急期における神戸市の応援活動を中心に取り上げ、その実態を応援側である神戸市と受援側である熊本市から把握することによって、効果的な応援活動を考える機会とする。

目    次

■巻 頭 言

「熊本地震への神戸市の支援について」 神戸市長
久元 喜造

■論   文

大規模災害時における自治体間の職員派遣の意義 重川 希志依
神戸市による応援組織のライフ・スパンのプロセスについて 本莊 雄一
熊本地震からの復興と自治体間の人的支援を受けて 熊本市総務局行政管理部人事課
熊本市政策局危機管理防災総室
熊本地震における保健衛生活動
   〜益城町における支援活動を中心に〜 
古川 真里
熊本地震における神戸市水道局の支援活動について 藤田 誉生
松田 康孝
熊本地震被災地への神戸市の支援活動について 鍵本  敦

■関連図書紹介

災害に立ち向かう自治体連携―東日本大震災にみる協力的ガバナンスの実態―/新しい人間、新しい社会−復興の物語を再創造する/地震大国の防災を考える〜想定を超える大震災に備えて〜/熊本地震2016の記憶

■歴史コラム

神戸明治天皇御用邸余話 楠本 利夫

■潮  流

改正組織犯罪処罰法が成立/日欧EPA大枠合意/平成29年7月九州北部豪雨/特定外来生物ヒアリ(火蟻)問題/「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」が世界文化遺産に登録/日本版GPS衛星「みちびき」3号機 打ち上げ成功/松帆銅鐸 紀元前に埋納 定説より150年古く/国連核兵器禁止条約/独・ハンブルクにてG20サミット開催/日本で初となる本格的な「ソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)を導入/神戸新開地・喜楽館/昭和42年六甲山系豪雨災害から50年

■行政資料

熊本地震被災地への神戸市支援活動の記録(概要) 神戸市危機管理室

■研究レポート

地域経済循環分析による神戸経済の現状と課題 大島 博文

■研究所活動レポート

第4回都市政策セミナー/幸福度に関するセミナー

■ 書店でお求めいただけます  定価 650円(本体602円+税)

神戸市内:ジュンク堂書店三宮店(センター街)・三宮駅前店(JR東口 サンシティビル7F)・

神戸さんちか店(さんちか三番街ホーム&ライフ内) ほか

 書店での「取り扱い・販売業務」は、鰍ゥんぽうで行っております。

お近くの書店から、鰍ゥんぽうでお取り寄せでのご購入もできます。

取り扱い・販売業務:鰍ゥんぽう
大阪市西区江戸堀1−2−14
TEL 06-6443-2179 FAX 06-6443-4646

■ 直送お申し込み   <振込手数料と、送料(宅配メール便実費を基本)ご負担下さい>

みるめ書房 (TEL 078-871-0551 FAX 078-871-0554 田中印刷出版内) にお申し込み下さい。
ご送付先、お名前と、ご連絡先電話番号をお知らせ下さい。

発売元: みるめ書房

神戸市灘区岩屋中町3−1−4
電話 078-871-0551