「都市政策」バックナンバーを見る
「都市政策」最新刊を見る

130 (2008日号)




特 集

少子高齢社会における受益と負担の関係


 国勢調査確定値によると、平成17年10月1日時点の総人口は1億2,776万7,994人で前年の推計値に比べ約2万人減少した。また、15歳未満の子ども人口が総人口に占める比率は前回国勢調査より0.9ポイント低下して過去最低の13.7%に、65歳以上の高齢者人口が総人口に占める比率は2.8ポイント上昇して過去最高の20.1%になり、わが国が人口減少・少子高齢社会に入ったことが統計上からも明らかになった。

 人口減少・少子高齢社会では、勤労者の減少による税収の減、高齢者の増加に伴う福祉関連経費の増加などという状況が見込まれるため、現在の行政サービスと、税、社会保険料、サービス利用料などの市民負担との関係、すなわち、「受益と負担」の関係を、将来にわたって維持することが困難になると思われる。行政が、将来にわたって市民の暮らしを守るという責務を果たすためには、この「受益と負担」の関係を早急に検討していかねばならない。また、市民ニーズの多様化は勿論、ソーシャルキャピタルや、地域経営といった新たな視点から公共サービスを再構築していくことも求められている。

 今号では、平成19年6月に公表された神戸市の行財政改善懇談会の受益と負担に関するワーキンググループ報告書の作成委員の論文等を掲載し、少子高齢社会にふさわしい行政サービス提供のあり方を広く議論する一助としたい。

 まず、「国と地方における受益と負担」では、受益と負担の関係を捉える上で必要な諸概念と、主に地方レベルでのそれぞれの問題点と対策について述べる。次に、「人口減少時代の受益と負担」では、国レベルの観点を交え、社会保障制度が解決すべき課題を念頭に、現行制度の問題点や少子化対策の限界などについて述べる。「新しいコミュニティ政策と福祉社会の展望」では、医療・介護保険の費用膨張を緩和するための方策として「疾病予防」や「介護予防」への取り組みの例を切り口に、実証研究を交えてコミュニティ政策の意義を考察する。最後に、「神戸市行財政改善懇談会『受益と負担に関するワーキンググループ』報告書をめぐって」として、同報告書が神戸市の行財政構造の見直しを考えていくうえで指摘した視点をめぐる議論と神戸市の事務事業の現状との関連等について触れる。また、行政資料として、同報告書の概要を掲載した。 


目   次


巻 頭 言

行財政における住民の受益と負担                      新野 幸次郎


論   文

国と地方における受益と負担                        伊多波 良雄

人口減少時代の受益と負担                         小塩 隆士

新しいコミュニティ政策と福祉社会の展望                  藤岡 秀英

神戸市行財政改善懇談会「受益と負担に関するワーキンググループ」報告書をめぐって
                                     加藤 久雄


特別論文

自治体PDCAの課題と展望 −全国自治体調査の概要を中心に−       五十嵐 智晴
                                     出井 信夫



海外レポート

英国におけるパートナーシップを活用した地域政策              岩尾 幸一


歴史コラム


神戸市史と新村出博士                           野村 和弘


潮   流

地方分権改革推進委員会中間報告 / 実質公債費比率(平成18年度決算) /
被災者生活再建支援法改正 / サブプライムローン / 阪神港誕生(一開港化)/
中央防災会議−中部圏・近畿圏での内陸地震の被害想定公表− / 全国学力・学習状況調査 /
地方再生戦略 / ヒト人工多能性幹細胞(ヒトiPS細胞) / 月周回衛星「かぐや」 /
神戸市特定建築物耐震診断補助事業 / 北須磨団地のパートナーシップ協定締結


行政資料

神戸市行財政改善懇談会 受益と負担に関するワーキンググループ 報告書(概要)
                                    神戸市行財政局

神戸空港利用者アンケート調査結果                神戸空港利用促進協議会

人口減少に打ち勝つ都市戦略(概要)          神戸市政策研究プロジェクトチーム


新刊紹介

都市モデル論序説 / 自治体の地域福祉戦略 / 防災行政と都市づくり −事前復興計画論の構想− /
ローマに学ぶ防災先進都市の条件 / 循環型社会キーワード事典 / 違反建築ゼロ −住まいの安全・神戸の挑戦−



■ ご購入方法はこちら